教育目標

トップページ » 教育 » 教育目標

機械工学プログラム学習・教育目標

ものづくりの精神を基本とし、機械技術者としての基礎能力や専門技術を修得した、創造性豊かで国際的視野に立った実践的技術者を育成します。

機械工学プログラムは、本校機械工学科4,5学年と専攻科(機械電気システム工学専攻、機械工学コース)1,2学年の計4年間で構成される教育プログラムである。その学習・教育目標は、本校の教育理念、機械工学科と専攻科のそれぞれの教育目標を基礎として構成され、下記のように設定している。

  • 広い視野から技術者倫理を理解し自覚できる
    • (A-1) 技術者倫理を広い視野から多面的に考えることができる
    • (A-2) 技術者倫理に対しその責任を理解できる
    • (A-3) 技術者倫理に対しその責任を自覚できる
  • 数学,物理,情報技術に関する知識を専門分野に応用できる
    • (B-1) 数学に関する知識とその工学的応用力
    • (B-2) 物理に関する知識とその工学的応用力
    • (B-3) 情報処理に関する知識とその工学的応用力
  • 機械工学に関する以下の専門知識を教授し、職業上応用できる基礎能力を学生の進路に配慮し育成する
    • (C-1) 材料と強度
    • (C-2) 機械設計
    • (C-3) 生産工学
    • (C-4) 熱・流体工学
    • (C-5) 制御・情報技術
  • 実験・演習を実施し、その結果を工学的に解析し考察できる
    • (D-1) 機械工学を学ぶ上で必要な各種の機械や機器の操作ができる
    • (D-2) 実験・演習の結果を工学的に解析し考察できる
  • 自主的にテーマを企画立案する「創造工学実験」の推進
  • 種々の工学的知識や技術を利用し、自己学習やグループ学習により社会の要求を解決する「産業デザイン演習」の実施
  • 専門技術に関するプレゼンテーションと国際化に対応できる基礎的なコミュニケーションができる
    • (G-1) 専門技術に関するプレゼンテーションができる
    • (G-2) 国際化に対応できる基礎的なコミュニケーションができる
  • 与えられた条件のもとで技術者として地域社会に貢献する「専攻科インターンシップ」の推進