カリキュラム

トップページ » 教育 » カリキュラム

カリキュラム

今日、私たちの世界は産業革命以来の大きな転機を迎えています。

私たちの生活はIT(Infomation Technology)の発展に伴い、高機能化された新しい商品によって、飛躍的に快適で便利になってきています。今後の社会ではより一層多機能・高品質 で多様な商品を求められることになるでしょう。

機械工学科では、このような社会の変化に対応するために、新しいカリキュラムを施行しています。

line

機械技術者としての基礎能力や専門技術を修得し、創造性豊かで国際的視野に立った実践的技術者を育成するため、以下のような物作り教育カリキュラムを構成しています。

低学年では、ものづくりを体感させるため加工実習や製図演習に力を入れています。また専門技術を学ぶため必要な自然科学や国際的視野を育成する語学を中心に学習します。高学年になるにつれて、専門科目の割合が増し、材料強度・生産加工技術や熱・流体技術、設計・デザイン・制御情報技術、等を学習します。最後に機械工学実験や卒業研究などで修得した専門技術の確認と応用力を養成します。

このようなカリキュラムを修了した卒業生は、自動車、航空・宇宙、各種機械、ロボット、エネルギー・環境等の広範囲な産業分野で活躍しています。

機械工学科カリキュラム

機械工学科シラバス(久留米高専HPへジャンプします)

機械電気システム専攻科カリキュラム

機械電気システム専攻科シラバス(久留米高専HPへジャンプします)