JABEE

トップページ » 教育 » JABEE

JABEEへの取り組み

JABEE(日本技術者教育認定機構)とは、Japan Accreditation Board for Enginee ring Education、の略語で、大学や高専の技術者教育プログラムが「技術者教育の国際規格」に合格しているかどうかを審査する日本国内の第三セクター機関です。この審査に合格すると、国際的に通用する技術者を育成している教育機関として、全世界から認められることになります。その教育プログラムを修了した学生は、国家資格である「技術士」の一次試験が免除され、産業界ではプログラム修了学生を優先的に採用する方向に進もうとしております。

風景

本校の機械工学科4・5学年と専攻科機電システム工学専攻・機械工学コース1・2学年を対象にした教育プログラム「機械工学プログラム」が2004年度にJABEE審査を受け、2005年5月「機械および機械関連分野」における2004年度認定プログラムとして認定証を授与されました。

機械工学プログラムは他の学科のプログラムにさきがけ、2002年度にJABEE試行審査を受け、2004年度の本審査では、4名のJABEE審査チームにより、書類審査と実地審査が行われ、実地審査では、本校にて書類審査の証拠確認、教育環境や授業の視察、教職員・学生との面接審査などが行われました。

この教育プログラムでは、本校の教育理念や伝統・教育資源をもとに、JABEE教育目標を設定し、本ホームページに示すように公開されています。設定した教育目標が、どのような方法で実行され、どの程度達成されたか、この教育プログラムの点検と継続的改善がなされているか、などがJABEEから審査され合格と認定されたものです。