環境エネルギー工学

 環境とエネルギーは密接に関係しており、二酸化炭素や有害物質の排出を極力抑えた省エネルギー技術、あるいはエネルギー開発が今後益々、重要となってきます。
 環境エネルギー工学研究室では、微細気泡(ファインバブル)を利用した内燃機関の燃費(二酸化炭素)と有害排出物(NOx、すす)の低減に関する研究を行っています。
 また、究極のものづくり過程を体験すべく、3D-CAD/CAE/CAMを駆使して低燃費競技用車両用、ならびに超小型ディーゼルエンジンの開発にも取り組んでいます。
 さらに、光合成由来の植物性原料から製造され、太陽光や風力エネルギーと同じ再生可能エネルギーの1つで、未来の固形燃料としてもたいへん注目されている、バイオコークスに関する研究も行っています。
 機械工学の専門分野の中では、燃焼工学、エネルギー工学、伝熱工学、熱工学、流体工学となります。

水冷単気筒ディーゼルエンジン

水冷単気筒ディーゼルエンジン


微細気泡発生の様子

微細気泡発生の様子


過渡性能実験装置(左側が試作エンジン)

過渡性能実験装置(左側が試作エンジン)


3D-CADにより設計/試作した超小型ディーゼルエンジン

3D-CADにより設計/試作した超小型ディーゼルエンジン


バイオコークス製造装置

バイオコークス製造装置


緑茶カスを原料としたバイオコークスの外観写真

緑茶カスを原料としたバイオコークスの外観写真