設計工学

現在、図学・製図の教育研究、歯車加工解析、トライボロジーに関する研究を行っております。設計法として3DCAD/CAE/CAMの運用について、部品強度の検討をCAD/CAE/によるシミュレーションとCAMを用いて製作した部品を引張・圧縮・曲げ試験機による破壊試験で確認するシステムの立ち上げ、幾何公差の実証のための新鋭機を導入し、教育や研究に活用する準備を進めています。歯車加工では特にホブ切り機構の簡易解析法を提案し、高精度歯車の歯切り法の研究を行っています。